自分の力で生きる術を身に付ける

自分の力で生きる術を身に付ける20年前と比べて日本は確実に貧しくなっています。
一人あたりのGDPは
すでにシンガポールや香港には負け、
イタリアやスペイン、
韓国と同列です。
「日本がすごい」時代は、
もう遠い過去の話です。

さらに日本でも約70年前、
国の借金がGDPの2倍になった時点で預金封鎖が行われ、
最大90%が財産税として国に取られたという事実がありますが、
今は、その時の状況に酷似しています。
いつ預金封鎖が起こってもおかしくない状況です。
あなたは対策していますか?

M0502_03

そのしわ寄せが来るのは、
対策していない人、
「依存している人たち」です。
「国」に依存する人。
「会社」に依存する人。

税収が減れば、
国に依存する人は貧しくなります。
会社が傾けば、
会社に依存する人は貧しくなります。
お金がなければ、
福祉や雇用を充実させることはできないからです。

これからは、
国も企業も、
あなたの生活を守ってはくれません。
頼れるのは自分だけです。
いつまでもぬるま湯に浸かって何もしないでいると、
これからは生き残れないですよ。



ツイッターに投稿する



重要注意事項・免責事項
当ブログは自分自身の検証・記録を目的としたものであり、収益の保証、或いは投資助言業務、投資勧誘を行うものではありません。本情報は記事作成日時点で、信頼できると思われるデータや情報に基づいて作成しておりますが、その正確性について保証するものではありません。キャンペーン期間や情報の詳細など、必ずご自身でご確認ください。また、著者の思考、感情、トレードメモや日記なども含んでおります。 EAの検証や、システムの使い勝手を試したり、システムを理解するための練習や、トレードそのものの練習や手法の検証など、デモ環境を使用します。デモ環境につきましては実際のレートと異なる場合がございます。投資方針や時期選択等の最終決定は、リスク等を熟知した上、必ずご指針で検証の上、ご自身で判断されますようお願いいたします。また、当ブログで紹介しております業者につきましては、資本関係、人的関係等一切ありません。従いまして万が一、業者が倒産した場合、もしくは業者を利用し、損失を被った場合でも、一切の責任を負いませんので予めご了承ください。投資に関する最終決定は必ず読者様ご自身の判断でなさいますようお願い致します。



 


コメントをどうぞ