FXで資金を失う人の特徴

FXで資金を失う人の特徴2年ちょっと前・・・一緒に始めたFX。二人とも即撤退^^;
最近・・・「もうオレ分かった! オレにやらしてみぃ~やぁ~! マジもうわかったけぇ~絶対に勝てる!!
そう言って、50万円で再チャレンジした旦那様。
そして、再撤退の報告を受けました(^_^;)
責めてもそこからは何も生まれないので、記念の焼肉パーティーしながら、どんな取引をしていたのかを詳しく聞いてみました。
FXで勝っている人と一緒にチャートを見ていても、私とその人ではエントリーポイントも決済ポイントも違います。勝つ人の手法はさまざまですが、負ける人の手法や特徴はあまり沢山ない事に気づきました。
旦那様との反省会…
私が何か言うと、「そんなん、知っとるよっ(*^^) こうこうこうで、こうじゃろ??」と、得意げに話しはじめ、私の話を聞かずに自分の解釈を勝手に「分かっている」という位置づけで話しだします^^;
そして、自分の間違いを認めません…(^_^;)
現実として、資金がなくなっている(厳密に言うと、必要証拠金に満たない金額が少し残っています)にも関わらず、自分を信じています。
ぃゃ、自分が間違っているという事は頭では分かっているのかもしれませんが、本気で変わろうとしていないのかもしれません。変えたくないのかもしれません。
旦那様には、まず「素直」になる所からはじめてもらわないといけません^^;
さて、具体的な旦那様のトレードです。
やってはいけない取引のオンパレードでした^^;
収支の一部です。

旦那様収支旦那様はいつも“勝率”を自慢していました。
31勝3敗 90.32% 確かに私より断然勝率がいいです!
しかし、この間のトータルは-101,500円お金です
何がいけないか、一目で分かりますよね?
31回の勝ちより、たった3回の負けの方が大きいのです。
俗に言う「損大利小」ですよね。
ここまでひどくなくても、勝率はいいのにトータルで負けているという方は、似たような取引をしているのでは?
しかし、誰もが「損大利小」では勝てないという事は分かっているはず。
また、誰よりも自分自身がそうしたくないはずなのに、それでも、それをしてしまう心理状態を聞いてみないと解決の糸口は見えませんよね!
はい、聞いてみました。
旦那様:
「お前みたいに大きく狙わんでええんじゃぁ。確実に細かくやった方が絶対簡単!」
Mayuhime:
「確かに…でも、最初から小さいpipsを狙って行くと損大利少になりやすいから、ある程度チャートが読めるようになって、安定して稼げるようになってきたら、1回の取引で利益を伸ばしていくより、ココという所で、枚数を増やして、小さいpipsで大きい利益を取っていくのが、いいと思うよ! 私は最初100pps、200pipsを狙って、大分、大きく取れるようになってきて、そこから30pipsを取るのはとっても精神的にも楽て簡単に思えるんよぉ~」
「それか、最初から小さくいくなら、反対行った時は即損切りせんとダメじゃん! なんで、プラスが何百円とか何千円なのに、マイナスは12万まで放っておけるわけ??? っていうか、ストップ入れてないよね??? ストップは絶対入れんとダメじゃん?! 」
旦那様:
「ぃぃゃ、ストップ入れん方がええんじゃってぇ!!。
えっとのぉ・・・いい方法見つけたんじゃぁ~
もし、買いを持っとるとして、下がったらまた買うんじゃいゃぁ~
で、プラスが出た所で後から買ったポジションを売るんじゃぁ
それを繰り返して、最初のポジションの含み損をチャラにするんじゃいゃぁ~
そしたら含み損あっても実質的にはプラマイ0なんよぉ~
で、最初のが元のレート位(0とかプラス数百円)になったら決済するんじゃいやぁ~」
Mayuhime:
「(* ´Д゜*)あん? それナンピンって言って、やっちゃいけないって言われとるけど…
まぁそういう手法もあるかもしれんけど、素人が上手く使いこなせるような手法じゃないけー止めんさい~!それに、最初のポジションがプラマイ0まで戻ってくるなんて分からんのんよ?! そのまま戻って来んかったらどうするん?」
旦那様:
「ぃゃ、強制ロスカットになったけーあれじゃけど、口座に沢山いれときゃーええだけんよぉ~ 損切りせんでもいつかは戻ってくるけーの。もうちょっと大きい額を入れときゃええんよ。」
Mayuhime:
「(ノ_-;)ハア…無限に資金を失う考え方じゃねぇ?}
旦那様:
「なんでや!!アホか?! 108円まで下がった時買い持っといて損切りしたやつ、損したと思うでぇ~ 160円まで戻ってきたじゃろ? 含み損のポジションは、そのまま戻るまで持っといて、それはそれとしてもう考えんのんよ。で、別の取引をすりゃーいいんよぉ」
Mayuhime:
「それは俗に言う“塩漬け”ってヤツじゃね…どんだけダメって言われとる考え方なん(・・;)」
そして、マイナスポジション抱えたまま、それを取り戻すために取引枚数を2倍、3倍と増やし、僅か数pipsを取って行ったそうです・・・
まぁ全部は一度に書けないので、また具体的なエントリーポイント・利確ポイントの判断など、追々にお教えしますd(´∀`*)ねっ!・・・大きなところはこんな感じでした(-“-)
1.ストップを入れない(損切りできない)
2.ナンピン
3.塩漬け
やってはいけない代表格、もはやFXの常識とも言える事のオンパレード・・・
そりゃ負けるわぁ・・・って事は、最低限それをやらなければ・・・急に勝てないかもしれないけど、大負けする事はなくなるのでは???
それと、旦那様の話を聞いていると、確かに塩漬けにしても不可能話ではないでしょう・・・しかし、現実として、資金は無限ではなく個人個人決めた額で投資している訳ですから、理論的に可能か不可能か?の問題ではなく、自分の資金に合わせた資金管理をしなければらならない事を分かっていませんでした。
手法だけではなく、手法・リスク管理・資金管理、併せて考えないといけません。
また、それにはメンタルも大切ですね・・・
かなり長くなったので、旦那様の失敗談はまた追々とお伝えしますが、
ざっと聞いてみて、「工エエェェ(´ロ`ノ)ノェェエエ工 聞いた事もない!!!」っていうような驚くべき取引をしていたわけではなく、ごく一般的にしてはいけないといわれているような事が重なっているようです。
しかし、頭で分かっていても実際になるとストップを入れられない、損切りができないという人はたくさんいるのではないでしょうか?
「負ける人のパターン(特徴)はそんなに多種類ではない!」 と言えそうな気がします。
それであれば、負けなくなるのもそんなに難しい事ではないような気がします。
少しでもうちの旦那様と同じ様な考え方で取引をしてしまう時があるという方は要注意
考え方の矯正から始めましょう!
旦那様のカリキュラムは、
FXプライムの練習帳をまず読んでもらいます。
基本はココから!
「この辺は知ってるからいいや」
「この辺はテクニカルとは関係ないからいいや」 飛ばすのは禁止!!
練習問題は100点とれなきゃ、取れるまで次に進まないという方向で!
FXプライム

次は、基本的なテクニカル分析についてザッと頭に入れてもらいます。知識の部分ですね!
これは、実際の動くチャートと照らし合わせながら使うので、頭に入るまで、モニターのそばにいつも置いておきましょう♪
ヒロセ通商
目からうろこの外国為替?チャート編

基本的な“負けにくいFXの型”とは何か?を学んでもらいます。
ひまわり証券
FX先生

Mayuhime実践編教習 (素直に聞くのか?ここが一番問題)
旦那様のデモからの再・再出発・・・どうなるでしょう・・・?
加筆
コツコツ・ドカン!をやった時は、“損切り”しないとダメだと思うそうです。
しかし、実際逆に行き始めると、プラスの時が少ないpipsで利確しているので、あっという間にそれ以上のマイナスになるので、「勝つときより大きな損切りはできない!マイナスは獲得pipsの半分に抑えたい!」という心理状態になるそうです。
プラスよりマイナスの方を少なくしなけけば・・・言っている事は正しいですよね!
だったらその基準に達した時点で損切りしていないといけないんですよね!
なのに、損が大きくなってから、マイナスが縮まるのを待つ・・・本末転倒ですよね!
超高勝率 FXトレード エントリーポイント自動指摘ツール FXエントリー
いつも応援ありがとうございます→



ツイッターに投稿する



重要注意事項・免責事項
当ブログは自分自身の検証・記録を目的としたものであり、収益の保証、或いは投資助言業務、投資勧誘を行うものではありません。本情報は記事作成日時点で、信頼できると思われるデータや情報に基づいて作成しておりますが、その正確性について保証するものではありません。キャンペーン期間や情報の詳細など、必ずご自身でご確認ください。また、著者の思考、感情、トレードメモや日記なども含んでおります。 EAの検証や、システムの使い勝手を試したり、システムを理解するための練習や、トレードそのものの練習や手法の検証など、デモ環境を使用します。デモ環境につきましては実際のレートと異なる場合がございます。投資方針や時期選択等の最終決定は、リスク等を熟知した上、必ずご指針で検証の上、ご自身で判断されますようお願いいたします。また、当ブログで紹介しております業者につきましては、資本関係、人的関係等一切ありません。従いまして万が一、業者が倒産した場合、もしくは業者を利用し、損失を被った場合でも、一切の責任を負いませんので予めご了承ください。投資に関する最終決定は必ず読者様ご自身の判断でなさいますようお願い致します。



 


コメント / トラックバック 33 件

コメントをどうぞ