負けシナリオ解説

負けシナリオ解説蓮華 さん、うさぎさんから、何で買い?とコメント頂いたので・・・
負けトレード解説です^^;
5分足で、18日0時頃に底打ち(赤色水平線)して、上昇してきて8時50分に高値を更新してきたので、チャートの形成から158円付近まで少し上に戻すと思いました。
8時50分と10時10分の高値を結んだラインを上抜けたので買いエントリーしました。
が・・・勢いがなく、下に落ちて行き、下値を切り下げました。
そこで、上値トレンドラインをエントリーした後の上昇した12時10分の高値でもう一本引き、そこまで戻ってきたところで損切りしました。
損切りしたあと、上値のラインを大分超えていますが、前回同様直近の高値を超えてないので、さっきと同じようになってはいけないので、どっちにしても一旦損切りで、まだ買いエントリーも売りエントリーもしません。
直近の高値を超えるか?超えないのか? ちょっと様子を見ま~す。
とは言っても、損切りしなくてもよかったのでは? と少し残念ですが…
ぃゃぃゃ、それはたまたま・・・あそこで損切りしなければ、またガーンと下に行く時もあるので、今回がたまたま損切りしなくてもプラスになっていたと言っても・・・それは×なんだと、自分のメンタルに言い聞かせています(*^^)↓クリックで拡大
ポンド円5分足_20090818-2
コレが私の負けトレードのシナリオです。
シナリオ通りにならなかった→負け→負けシナリオは意味がない?勝つシナリオしか意味がない?
いいえ、どんなに分析しても、どんなに自信があったとしても、必ず勝つシナリオが描けるはずがありません。
大切なのは、そのシナリオ通りになる事よりも、「シナリオが明確である事」コレだと思います。
シナリオが明確であれば、どうなったら損切りを考えて、どこで損切りするというのも明確になるからです。
あっ 負けたから言い訳っぽい?(ノ´∀`*)
でも、これホント大事ですから、騙されたと思って実践してみてください(*^-^)ニコ
超高勝率 FXトレード エントリーポイント自動指摘ツール FXエントリー
いつも応援ありがとうございます→



ツイッターに投稿する



重要注意事項・免責事項
当ブログは自分自身の検証・記録を目的としたものであり、収益の保証、或いは投資助言業務、投資勧誘を行うものではありません。本情報は記事作成日時点で、信頼できると思われるデータや情報に基づいて作成しておりますが、その正確性について保証するものではありません。キャンペーン期間や情報の詳細など、必ずご自身でご確認ください。また、著者の思考、感情、トレードメモや日記なども含んでおります。 EAの検証や、システムの使い勝手を試したり、システムを理解するための練習や、トレードそのものの練習や手法の検証など、デモ環境を使用します。デモ環境につきましては実際のレートと異なる場合がございます。投資方針や時期選択等の最終決定は、リスク等を熟知した上、必ずご指針で検証の上、ご自身で判断されますようお願いいたします。また、当ブログで紹介しております業者につきましては、資本関係、人的関係等一切ありません。従いまして万が一、業者が倒産した場合、もしくは業者を利用し、損失を被った場合でも、一切の責任を負いませんので予めご了承ください。投資に関する最終決定は必ず読者様ご自身の判断でなさいますようお願い致します。



 


コメント / トラックバック 16 件

コメントをどうぞ