Q&A

Q&A沢山質問を頂いていますが、全てに答えられていないので、時間の許す限り質問についてお答えしますね!
Q:12月8日ポン円、145,278リミットかかりましたとありますが、自分でチャート、フィナボッチで探して見たのですが分かりませんでした。どうしてそこにリミット置いたのですか。
A:ココを下抜けると、目立ったサポートらしきものが見当たらなかったので、ボラなどを考えて、抜けてから戻しが入るまで100pipsくらいなら比較的安全にリミットにかかるという経験則から100pipsにしました。
目安にしたのが30分足なので、もっと長いスパンで大きく狙えるところではあります。こちらに書いたように、分岐点でスイング派にはいいポイントですが、私は戻しを耐えるストレスが苦手なので、戻しが入る前に安全確実に利確したい派です。
Q:取引明細ってどうやって画像として保存するんでしょうか?
A:Alt+PrintScreenでアクティブ画面をコピーして、ホームページビルダーに付いていたウェブアートデザイナーを開いて、Ctrl+Vで貼り付けて保存しています。Windowsについているペイントでも保存できると思います。
Q:Mayuhimeさんは、MJを使われていますが、約定力はどうでしょうか?
問題なく早く約定しますか?あと使い勝手はどうでしょうか?
今年一年間FXを学んできて、来年から実際にリアル口座でポンド/円メインに取引していこうと思っています。
問題なく約定するからスキャルでも使われていると思うのですが、実際に使われている方の感想が聞きたいのでよろしくお願いします。
A:私が取引しているのは、ほとんど5万通貨ですが、約定力は良いと思います。使い勝手もいいので使っています。また、ポンド円のスキャルにはスプレッドが1.8固定なのでMJが手放せないですね。スプレッドが狭くてもなかなか約定しないと、スキャルには使えませんからね。ちなみにユーロ円のスキャルはFXトレーディングシステムズと、使い分けています。
Q:それはいつもmayuhimeさんは75EMAの反転を狙っていますが、反転せずに同じ方向へ進むことも多々あります。
他に何を基準として考えているのでしょうか?違うテクニカルを使っているのでしょうか?
A:もちろんあります。基準は確率です。イメージとして10回やったら4回はそのまま抜けてしまうでしょう。単純に考えると100回やったら40回です。40回負けたら→それは使えない手法? そう考えてしまう人はFXでは勝てないでしょう。いいですか、よく考えてください。40回負けても60回勝つんです。それがFXで言う“勝ち”です。トータルで考えないとダメです。確率の高いほうを選ぶしかないんです。そして、確率を高めるために、75本線だけではなく、20や55、200MAなども一緒に表示させて考えたり、長い足での方向性なども考慮して、60%の確率をいかに高めていくかというイメージです。
ですから、75MAをそのまま突き抜けてもいいんです。そのために75MAを抜けたらストップを入れるのですからね(*^^)
Q:快適なトレードを実践していく為にはPC周辺機器などの充実が必要だと思うのですがデスク、チェアなどどういったものを利用されていますか?またインターネット回線はやはり光を利用されていますか?
A:デスクは横幅160cmで広いものです。チェアは特にブランドとかいうものではないと思います。家具屋さんで3万円程度の椅子です。インターネット回線は重要だと思います。光です! デスク周りの写真は→こちら
Q:私はFXを始めて一年位になりますが、コンスタントに利益を上げられません。
最近このブログを拝見させていただき、FXアカデミーに入校しようか迷っています。
そこでお尋ねしたいのですが、料金は最初に支払えばあとはいらないのでしょうか。
あと簡単な内容等教えていただければ有難いのですが。
A:料金は購入時だけで、無料で毎日でも受講できます。私が買ってからもう1年8ヶ月経ちますが、今でもログインして授業を受けることができます。その間、希望なら毎日(平日)受講できたわけです。
内容は、売買サインの見方は当然ですが、それとは全く関係ないトレンドラインの引き方やレジスタンス・サポートの見方などFXの基本的な事まで教えてくれます。また、現在のリアルチャートを見ながら、今の相場の分析なども教えてくれます。私も最初はココで基本を学びました。毎日、生のチャートを見て、質問できるのでとても力がつきました。
Q:テクニカル分析のトレンドラインやサポートなどを引くのが苦手です。引いても、本当にそれで合っているのか、間違っていないのか不安で、自分の引いた罫線を信じる事ができません。何かアドバイスをもらえると嬉しいです。
A:そうですね・・・最初は自分が引いた線がそれでいいのか?って思ってしまいますよね。
そういうときには、今のチャートに必要なラインを自動で引いてくれる“オートライン”という機能をもったチャートを使って、自分の引いたラインと見比べてみるといいと思います。そして、それを元にラインの引き方をアレンジして練習をすると早く上手に罫線が引けるようになると思います。
オートライン機能も付いているWin-Stationや、さまざまなサインや分析を表示してくれるオクトFXのチャートを使ってみるといいでしょう。
Win-Stationの詳細については→こちらを参考にしてください。
オクトFXの詳細ついては→こちらを参考にしてください。
三京証券  くりっく365なら「FXメジャーズ」
超高勝率 FXトレード エントリーポイント自動指摘ツール FXエントリー
人気ブログランキングへブログ為替レート
FC2BlogRanking_hime



ツイッターに投稿する



重要注意事項・免責事項
当ブログは自分自身の検証・記録を目的としたものであり、収益の保証、或いは投資助言業務、投資勧誘を行うものではありません。本情報は記事作成日時点で、信頼できると思われるデータや情報に基づいて作成しておりますが、その正確性について保証するものではありません。キャンペーン期間や情報の詳細など、必ずご自身でご確認ください。また、著者の思考、感情、トレードメモや日記なども含んでおります。 EAの検証や、システムの使い勝手を試したり、システムを理解するための練習や、トレードそのものの練習や手法の検証など、デモ環境を使用します。デモ環境につきましては実際のレートと異なる場合がございます。投資方針や時期選択等の最終決定は、リスク等を熟知した上、必ずご指針で検証の上、ご自身で判断されますようお願いいたします。また、当ブログで紹介しております業者につきましては、資本関係、人的関係等一切ありません。従いまして万が一、業者が倒産した場合、もしくは業者を利用し、損失を被った場合でも、一切の責任を負いませんので予めご了承ください。投資に関する最終決定は必ず読者様ご自身の判断でなさいますようお願い致します。



 


コメント / トラックバック 4 件

コメントをどうぞ