波に乗り遅れた時は?

波に乗り遅れた時は?こんばんは(*^^)
nanaさんから、
Q:
「暴騰、暴落時のエントリ-
いつも質問ばかりですみません。
例えば今日の午前10時頃のGBP/JPYの139→138のような場合、いつもエントリ-できず指をくわえている事が多いのですが、何か上手く乗るこつがありますか?」
と質問を頂きました。
コメント欄でもお返事しましたが、よく質問されることなので、こちらでも紹介しますね。
A:
結論から言うと・・・私の答えは・・・「乗り遅れたときはそれでいい」です
私も今朝、指をくわえてみていましたよ
それでいいと思いますけど・・・
私も朝の第一波は乗れず、ただ「あーあー」と眺めていました。
でも、これでまた“下”って方向性が見えたわけですよね
乗り遅れたけどヽ(´∀`。)ノ・゚ヤッタアァァアァンですよ
“下”ってのが分ったんだから、レートが少し落ち着いてから売りエントリーすればいいわけです。
急落のときは急反発することもあるので、それがあるかどうか様子を見て・・・
急反発がなくレートが落ち着いてきたら、エントリーすればいいと思います。
戻しがどのくらい入るかはその時々によって違ってきます。
それらは色々な戻し具合の経験を積むしか戻しの勢いなどの感覚はつかめないでしょう。
私も朝の第一波は全く乗れず、指を加えてみていましたが、ガン、ガンと落ちていたレートが止まってきて・・・
急反発するかな?と様子を見ていたら、それはなく、戻りもほとんど入らず・・・横ばい・・・そしてまた下落を始めました。
そこでエントリーです。
急落の後、急反発 or ジワジワ戻し or 横這って更なる下落 どうなるか分りません。
ですから、それを見きわめてエントリーすればいいのです。
朝、9時には139.20円。
そこから急落で、10時半には137.80円でしたらからね。140pipsの急落に全く手出しできずですよ
でも、そこでレートが止まった時・・・次に「急反発 or ジワジワ戻し or 横這って更なる下落」どうなるか分らないわけなので、慌ててエントリーするのは得策ではないという事です。
今日は12時には家を出ないといけない用事があって、いつでも出かけられるように支度をしておいて、様子を見ていたら、横這って更なる下落を始めたので、そこで初めて売りエントリーしました。137.578と490の2ポジションです。
140pipsの下落があって、更にそこから30pips程度も下がってからのエントリーです。
でも、用事が終わって夕方家に戻ったら、+60pips位になっていて、結局+100pipsちょいで利確できました。(→なう)
今のようにトレンドが出ていれば、1つの波に乗り遅れても・・・次の波で十分間に合います(*^^)
それと、「逃したー」って必要以上に悔しく思うのは、端から端まで取りたいと思っているから。
取れるところだけ取れればいい」と思い直したら、気が楽ですし、トレードが良い方向へ循環していきますよ
【↓FX勉強の為の必需本やキャッシュバック等、お得なタイアップキャンペーン↓】
FXトレーディングシステムズ トレイダーズ証券【TRADERS FX】業界屈指の取引環境! [MJ]すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」 ヒロセ通商
さて、今夜これから更なる下落はあるのか
今日の高値は139.20あたり。
ポンド円の一日のボラの平均は大体300pips程度。
という事は、136.20辺りをその日の下値(MAX)と想定して、それ以上の下落を追わない方が安全だと思います。
もちろん、平均ですから、一日に400pips、500pipsと動く日もまれにあります。しかし、そういう日は年間を通して見ても、確率的に少ないという事です。
どんなに分析しても、どっちになるかは分らない、100%は無いので、確率的に高い方を選択していかなければ、長期的に見ると必ず負けます。
ですから、今夜から参戦する方はフィボナッチや移動平均線などの目安まで戻り(この場合上昇)を待って、売りエントリーの作戦が無難かと思います。
戻りがなく、このまま400pips、500pipsと下落した場合は、「確率が少ない方」と諦めるクセをつけたほうがいいと私は思います
ではでは、ご飯にしまーす
そろそろ本気でFXを学びませんか? FXエントリー&FXアカデミー
FC2BlogRanking_himeブログ為替レート
ユーロ円はスプレッドが0.9pips~業界最高峰、断然有利なFXトレーディングシステムズさんで!FXトレーディングシステムズ
ポンド円はスプレッド1.8pips固定のMJさんで!
[MJ]すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」



ツイッターに投稿する



重要注意事項・免責事項
当ブログは自分自身の検証・記録を目的としたものであり、収益の保証、或いは投資助言業務、投資勧誘を行うものではありません。本情報は記事作成日時点で、信頼できると思われるデータや情報に基づいて作成しておりますが、その正確性について保証するものではありません。キャンペーン期間や情報の詳細など、必ずご自身でご確認ください。また、著者の思考、感情、トレードメモや日記なども含んでおります。 EAの検証や、システムの使い勝手を試したり、システムを理解するための練習や、トレードそのものの練習や手法の検証など、デモ環境を使用します。デモ環境につきましては実際のレートと異なる場合がございます。投資方針や時期選択等の最終決定は、リスク等を熟知した上、必ずご指針で検証の上、ご自身で判断されますようお願いいたします。また、当ブログで紹介しております業者につきましては、資本関係、人的関係等一切ありません。従いまして万が一、業者が倒産した場合、もしくは業者を利用し、損失を被った場合でも、一切の責任を負いませんので予めご了承ください。投資に関する最終決定は必ず読者様ご自身の判断でなさいますようお願い致します。



 


コメント / トラックバック 14 件

コメントをどうぞ