133.00~133.30付近で、スコンと落とされる可能性の根拠

133.00~133.30付近で、スコンと落とされる可能性の根拠こんばんは
今朝、書いた記事の下値注視ポイント127.70で、キッチリサポートされていますね(↓黄色の○)
このサポートは分かりやすかったと思いますが、1時間足で下値をつけた後、3回サポートされているラインです。
20100525.jpg
さて、上へいった場合、「133.00~133.30付近で、スコンと落とされる可能性」と言った根拠は、私が昨日チャートを見た時点で、右の黄色○1時間足の200SMAとその手前、左の黄色○の133円手前の高値ライン。
この二つが、このあたりまで上昇したら、スコンと落とされる可能性があると思った理由です。
20100525-1.jpg
ごく単純な理由です。難しく考える必要はありません。
旅行中なので、ヤマネくんに詳しい解説を・・・と振ってたのですが・・・
ホテルに戻って、ヤマネくんのブログを見ると・・・
更新されてない
旅先なので、簡単ですが・・・説明です♪
p.s. 例え旅行中などで取引をしないときでも、朝、注視ポイントの確認、寝る前、朝考えた事がどうなったか?の確認くらいは、できればしておきたいですね。
流れを途切れることなく、頭に入れておく事、トレードはしない時でも、検証・経験として頭に残るので、次のトレードに生かされる。小さな事の積み重ねが、大きな結果につながる事って意外に多いです。
そろそろ本気でFXを学びませんか? FXエントリー&FXアカデミー
FC2BlogRanking_himeブログ為替レート
Mayuhimeオリジナルセッティングスキャル用テンプレートプレゼント

【↓FX勉強の為の必需本やキャッシュバック等、お得なタイアップキャンペーン↓】
FXトレーディングシステムズ トレイダーズ証券【TRADERS FX】業界屈指の取引環境! [MJ]すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」 ヒロセ通商



ツイッターに投稿する



重要注意事項・免責事項
当ブログは自分自身の検証・記録を目的としたものであり、収益の保証、或いは投資助言業務、投資勧誘を行うものではありません。本情報は記事作成日時点で、信頼できると思われるデータや情報に基づいて作成しておりますが、その正確性について保証するものではありません。キャンペーン期間や情報の詳細など、必ずご自身でご確認ください。また、著者の思考、感情、トレードメモや日記なども含んでおります。 EAの検証や、システムの使い勝手を試したり、システムを理解するための練習や、トレードそのものの練習や手法の検証など、デモ環境を使用します。デモ環境につきましては実際のレートと異なる場合がございます。投資方針や時期選択等の最終決定は、リスク等を熟知した上、必ずご指針で検証の上、ご自身で判断されますようお願いいたします。また、当ブログで紹介しております業者につきましては、資本関係、人的関係等一切ありません。従いまして万が一、業者が倒産した場合、もしくは業者を利用し、損失を被った場合でも、一切の責任を負いませんので予めご了承ください。投資に関する最終決定は必ず読者様ご自身の判断でなさいますようお願い致します。



 


コメント / トラックバック 6 件

コメントをどうぞ