リミットの置き方(決め方)

リミットの置き方(決め方)こんばんは(*^^)
今日は面白い研修を受けてきました♪
明日も一日研修なので、早く寝ないといけないのですが・・・
研修が終わって、一旦家に帰った時、ポンド円がグーンと上昇しているのを見たので、指値を入れて出かけました。
それからまた出かけて、帰宅途中の車の中でiPhoneを見てたら、利が乗っていたのでやった!と→こちらでつぶやいたら、書いている間にリミットに掛りました
+25,350円
※iPhoneからのトレードが便利外為ジャパン! ポンド円スプレッド1.6pips固定
20110512_2.gif
ブログ為替レート
さて、明日も研修があるので、早く寝ないといけないのですが・・・このトレードは、分かりやすい良い例なので、手短に説明させていただきますd(´∀`*)ねっ!
(↓クリックで拡大)
【テクニカル分析にはメタトレーダー4!】 MTFXはノーディーリング!
20110512_1.gif
エントリーの根拠は白・オレンジの移動平均線というのはすぐに分かりますね
(これらのラインを引きたい方はこちらのインジケーターをお使いください)
オレンジと白の移動平均線に加えて、今日のボラティリティの平均が156pipsでしたので、今日の安値132.037から156pipsを足すと、133.597です。(ボタン一つで、ボラティリティ自動計算してくれる、ツールボラティリティ自動計算ツールのバージョンアップ版を持っていない方は[emoji:e-63]こちらからお申し込みください)
おおよそ133.597前後で収まるのが、最近のボラティリティという事です。
その近くでマルチタイム移動平均線のオレンジ・白が上にあるとなれば・・・
ボラティリティの抵抗も超え、更に移動平均線の抵抗も超え、乖離率の抵抗も超え・・・と言うのは一気には成り難いので、仮に上抜けるとしても、一旦の反落はあるだろう」と考えての売りエントリーです。
(ボラティリティ自動計算ツールのバージョンアップ版のプレゼントについてはこちらよりお申し込みください)

利確をどこにするか
それに悩まれる方が非常に多いようです。
私が利確(リミット)したのはAの移動平均線です。
その下にB, D, F(Cが抜けていますが、単純ミスですので気にせずに)とありますが・・・
どこにリミットを置くのが正しいのでしょうか
答えは、「どれが正しいとは言えない。正解はない。」です。
あるのは正解ではなく、「どれだけのリスクを取るか」なのです。
なぜなら、Aで止まって、上昇し、更に上値を更新して、どんどん上昇トレンドを形成する時もあります。
ある時は、Bで止まって、またオレンジ・白のラインまで上昇してその辺りでウダウダしているような相場の時もあります。
または、Dで止まって、Aまで上昇し、CとAの間でレンジ相場のような小さな動きをするような時もあります。
もしくは、Fまで一気に落ちて止まり、そこから急上昇して、オレンジ・白ラインを一気に超えて上昇するような相場の時もあります。
それは、なってみないと分からない事で、リミットを設定する際、誰にも分からないのです。
ですから、その時点では、正解はありません。
正解がないのならば、どうやってリミットを決めるのか
自分がどれだけのリスクを取るのか?
自分がどれだけのリスクを受け入れられるのか?
自分がどれだけのリスクを許容できるのか?
それを考えてみてください。自ずと自分のトレードが決まります。
それは、人と同じはずがないというのがよく分かると思います。
分かりやすく言うと、リスクを10点満点で例えると・・・
Aリスク2 その代わり利も小さい利益も2
Bリスク4 その代わり利も中の下利益も4
Dリスク6 その代わり利も中の上利益も6
Fリスク8 その代わり利も大きい利益も8
といったようなイメージです
そろそろ本気でFXを学びませんか?
Mayuhimeイラストブログ為替レート
FXエントリー3周年記念“ Life support Campaign”にてEAポートフォリオ無料



ツイッターに投稿する



重要注意事項・免責事項
当ブログは自分自身の検証・記録を目的としたものであり、収益の保証、或いは投資助言業務、投資勧誘を行うものではありません。本情報は記事作成日時点で、信頼できると思われるデータや情報に基づいて作成しておりますが、その正確性について保証するものではありません。キャンペーン期間や情報の詳細など、必ずご自身でご確認ください。また、著者の思考、感情、トレードメモや日記なども含んでおります。 EAの検証や、システムの使い勝手を試したり、システムを理解するための練習や、トレードそのものの練習や手法の検証など、デモ環境を使用します。デモ環境につきましては実際のレートと異なる場合がございます。投資方針や時期選択等の最終決定は、リスク等を熟知した上、必ずご指針で検証の上、ご自身で判断されますようお願いいたします。また、当ブログで紹介しております業者につきましては、資本関係、人的関係等一切ありません。従いまして万が一、業者が倒産した場合、もしくは業者を利用し、損失を被った場合でも、一切の責任を負いませんので予めご了承ください。投資に関する最終決定は必ず読者様ご自身の判断でなさいますようお願い致します。



 


コメント / トラックバック 4 件

コメントをどうぞ