同じEAを使っているのに負ける人の原因-つづき

同じEAを使っているのに負ける人の原因-つづきこんばんは(*^^)
昨日は、ちょっと面白い実験をして、見事に利益を吐き出してしまったので、今日は手堅く、昨日の記事で言う、1.の手堅いトレードをしました[emoji:v-290]
でも、エントリーした時、10万通貨でエントリーしたつもりが、間違えて5万通貨だったので、即、追加[emoji:v-356]
+29,850円[emoji:e-63]こちら
ブログ為替レート
さて、途中になっていた「同じEAを使っているのに負けている友人の場合」の原因の続きです(*^^)
(続きって言われても・・・その記事知らないしぃ~という方はこちらをご覧ください)
FXエントリー3周年記念“ Life support Campaign”にてEAポートフォリオ無料

原因1. 資金管理がデタラメ(詳しくはこちら)
原因2. EAの設定を複数チャートにしている(詳しくはこちら)
に続き、
原因3.は、「負けを許容できない」という事です。
これは、EAだけに限らず、裁量トレードでも、投資全般に共通して言える事なのですが、そのマインドを持ってEAを使用すると、勝てるEAを使っているのに、なぜか自分は負けるという典型的な最悪なパータンに陥るのです。
以前→こちらの記事にも書いたのですが、EAが負けた時に、稼働を停止させるのです。
重複しますが、再度、書きますね!
システムトレード・サイントレード・自動売買(EA)トレードなど・・・は、年間を通して、ぃゃ、数年を通して勝ったり負けたりしながら、トータルで勝ってきたプログラムなどを採用しています。
ですから、少なくても年間を通して使用してみないと、同等のパフォーマンスは得られない訳です。
また、基本的に過去の数年間の実績からトータルで勝ってきたプログラムであれば、負けの数またはpipsより勝ちの数またはpipsの方が多いプログラムだと言えます。
それならば、分かりやすく例えると、負けが10回続けば、その後は勝ちが25回続くという感じです(*^^)
それを踏まえて・・・
人がEAで連勝している(25連勝)と聞いて・・・始めると連敗(10連敗)
連敗(10連敗)したから・・・EAを止めると連勝(25連勝)
また連勝(25連勝)していると聞いて・・・再開すると連敗(10連敗)
私の友人は、これをやっていました。
EAの調子が悪いから・・・と言って、EAを止める。
「あれから調子どう?」と聞いてきて、「○○ドルに増えたよ~」と言うと、また稼働させる。
自分が稼働したらいつも負ける・・・このEA負けるんですけどぉ~・・・(゜_゜i)タラー・・・
と言うのは・・・本当にEAが悪いの
ぃゃぃゃ、アンタ ( ̄。 ̄)σが負ける時だけEA走らせてだけじゃないのってツッコンデあげないといけないですよね^^;
「負けを許容できない」事は、EAでも裁量でも、投資で稼ぐ事ができない人なんです。
負けを許容するというのは「負けてもいい」という意味ではありません。
「負けも含めてトータルで勝つ」という考え方です。
ココに挙げたのは、私の友人が、私と同じEAポートフォリオで、同じ枚数で設定していたにも関わらず、私は勝ち、友人は負けてEAを撤退したという実際に起きた事です。
何故、そうなったのか不審に思い、友人の取引履歴を見せてもらったり、友人に話を聞いていくうちに、大きく3つの原因が浮き彫りになったのです。
そろそろ本気でFXを学びませんか?
Mayuhimeイラストブログ為替レート



ツイッターに投稿する



重要注意事項・免責事項
当ブログは自分自身の検証・記録を目的としたものであり、収益の保証、或いは投資助言業務、投資勧誘を行うものではありません。本情報は記事作成日時点で、信頼できると思われるデータや情報に基づいて作成しておりますが、その正確性について保証するものではありません。キャンペーン期間や情報の詳細など、必ずご自身でご確認ください。また、著者の思考、感情、トレードメモや日記なども含んでおります。 EAの検証や、システムの使い勝手を試したり、システムを理解するための練習や、トレードそのものの練習や手法の検証など、デモ環境を使用します。デモ環境につきましては実際のレートと異なる場合がございます。投資方針や時期選択等の最終決定は、リスク等を熟知した上、必ずご指針で検証の上、ご自身で判断されますようお願いいたします。また、当ブログで紹介しております業者につきましては、資本関係、人的関係等一切ありません。従いまして万が一、業者が倒産した場合、もしくは業者を利用し、損失を被った場合でも、一切の責任を負いませんので予めご了承ください。投資に関する最終決定は必ず読者様ご自身の判断でなさいますようお願い致します。



 


コメントをどうぞ