シストレ24の全決済履歴とストラテジーの選び方

シストレ24の全決済履歴とストラテジーの選び方こんばんは(*^^)
水・木と連荘ゴルフで、しかも、2日目はゴルフ場で鹿に遇って(気付いたら、微妙なダジャレが混入)、とっても楽しかったのですが・・・
また、首を痛めちゃって、金曜日はダウン
そして今日、土曜日、危険を感じて病院へ(T▽T)アハハ!
以前にも書きましたが、首の骨が普通とは逆に並んでいるので、お医者様に「あーまたなった そりゃしょーがない、この骨の曲がり方じゃ、どーしてもなるんよー。激しい運動はやっちゃいけんのんよぉ・・・」と、半ばあきらめ気味に・・・
頸椎レントゲン写真
くの字に曲がっているとんがった所が、ちょっと力がかかると、すぐグキッとなっちゃうんですよ・・・
結局、ブロック注射打って、温めて、電気治療して、薬もらって・・・痛みを取ってもらい、根本的な改善は何もできないと・・・(;-_-) =3 フゥ
ゴルフは週1にするか。。。。(( T_T)トボトボ
激しい運動といえば・・・ダンスも習ってるんだけどなぁ・・・
こっちは、腰もグキッといって、立てなくなる事よくありますが(゚Д゚ )ナニカ? 
もう、あちこちグキグキいってますがぁ…この年になると、上手に付き合っていくしかないですねぇ(T▽T)アハハ!
先週は、そんな楽しい出来事がありました
そろそろ本気でFXを学びませんか?
Mayuhimeイラストブログ為替レート
さて、そんな訳でトレードの方は、ほとんど自動売買シストレ24にお任せしてました
ログインしてみると・・・前回+160,925円だったのが、+165,504円約5,000円しか増えていない・・・
『(・・。)ん?今まで、バンバン増えてたのに、増えようが少ない』と、増えてるくせに不満に思って、全決済履歴を見てみると・・・全決済履歴
20120519-1.jpg
ずっと負け知らずだったストラテジーLJH111 AUDUSDが、3ポジションと、LJH111 USDCHFが3ポジションと、初めてまともに負けを食らっていました
3月から稼働し始めて、全勝が続き、一度負けたも-105円と僅か。
もしかしてこのまま負けないんじゃないのなんて、一瞬思わせるくらいの勝ちっぷりでしたが、「負ける時は必ず来る」と言ったように、やはりマイナス決済の時が来ました!
けれど、約5,000円ですが、勝ちが増えているのはなぜ┐(゚⊇゚)┌…why?
それは、別のストラテジーThirdBrainFx AUDJPYが3ポジション勝ってくれているからです
負けポジションが6つ、勝ちポジションが3つ。なぜ増える┐(゚⊇゚)┌…why?
勝ちポジションThirdBrainFx AUDJPYは、約28,000円程度の利確を3つしてくれているので、負け6ポジションのマイナスを結構なプラスで補ってくれており、後はちょこちょことLJH111が稼いでくれているので、トータルではプラスで終わっていたのでした

このように、どんなに絶好調なストラテジーでも、必ずいつか負ける時がきます!
ですから、1つのストラテジーに頼りっきりというのはオススメできません。
性質の違うストラテジーを組み合わせて運用しましょう
性質の違うストラテジーを組み合わせるというのは、例えば、
「スキャル型ストラテジー」「デイトレ型ストラテジー」「スイングス型トラテジー」などの保有期間の違いや、「トレンドフォロー型ストラテジー」「逆張り型ストラテジー」「レンジ(ボックス)型ストラテジー」などの手法の違うものを組み合わせたりする事です。
トレンドが出ている時は、トレンドフォロー型のストラテジーが勝ちやすいですし、
逆にトレンドが出ていない時は、逆張りやレンジを狙ったストラテジーが勝ちやすかったりします。
トレンド相場にはトレンド相場に勝ちやすい手法、レンジ相場にはレンジ相場に勝ちやすい手法を使わなくてはなりません。
裁量トレードでは、それができるのです。
その時々の相場に合わせて、どの手法を使うか、判断して、トレンドフォローをしたり逆張りをしたり・・・自分で選択してトレードしてするのです。
その時々に合わせて手法を的確に判断できる人は、裁量トレードで確率良く勝つ事ができるのです。
逆に、その時々に合わせて手法を上手く判断できない人は、負け続けるというパターンになりやすいのです。
その為、自動売買というあらかじめ有効であろうとされる手法をプログラム化したものをセットして、機械的に売買してもらう方法も一つの手段としてクローズアップされてきました。
しかし、自動売買の場合は、その時その時で最適な手法を選んでトレードするのではありません。
それができるのならば、裁量トレードをすれば良いわけです^^;
自動売買の場合は、あらかじめ手法を用意しておいて、ホッタラカシで勝手に売買してもらう訳です。
相場はトレンド、レンジ、手法はトレンドフォロー、逆張り、保有期間はスキャル、デイトレ、スイングのように、大まかに分けてもザッとこのくらいはすぐに出てくるので、一つの手法だけで、全ての相場状況で勝ち続けると言う事は不可能だというのが分かりますd(´∀`*)ねっ!
ということは・・・最低でも、
トレンド相場に勝ちやすい手法のストラテジー
レンジ相場に勝ちやすい手法のストラテジー
は、あらかじめセッティングしておかないといけないという事になりますよね!
そうると・・・
一方が不調の時に、今回の私のように、一方が好調で、負けをカバーしてくれるという可能性が出てきます。
もちろん、両方好調の時は、2馬力で増えていく訳です
同じような手法のストラテジーばかりで運用していると、調子の良い時は、全部いい
調子の悪い時は、全部悪いと、両極端になりがち
です
その辺りを注意してストラテジーを選ぶといいです(*^-^)ニコ
ストラテジーの検索や、詳細はマイページから見れるので、色々見てみましょう。
まだマイページ(口座)が無い方は、今なら限定タイアップキャンペーンなので、通常の+2,000円上乗せの7,000円キャッシュバック中にお得なうちにマイページを作っておきましょう



ツイッターに投稿する



重要注意事項・免責事項
当ブログは自分自身の検証・記録を目的としたものであり、収益の保証、或いは投資助言業務、投資勧誘を行うものではありません。本情報は記事作成日時点で、信頼できると思われるデータや情報に基づいて作成しておりますが、その正確性について保証するものではありません。キャンペーン期間や情報の詳細など、必ずご自身でご確認ください。また、著者の思考、感情、トレードメモや日記なども含んでおります。 EAの検証や、システムの使い勝手を試したり、システムを理解するための練習や、トレードそのものの練習や手法の検証など、デモ環境を使用します。デモ環境につきましては実際のレートと異なる場合がございます。投資方針や時期選択等の最終決定は、リスク等を熟知した上、必ずご指針で検証の上、ご自身で判断されますようお願いいたします。また、当ブログで紹介しております業者につきましては、資本関係、人的関係等一切ありません。従いまして万が一、業者が倒産した場合、もしくは業者を利用し、損失を被った場合でも、一切の責任を負いませんので予めご了承ください。投資に関する最終決定は必ず読者様ご自身の判断でなさいますようお願い致します。



 


コメント / トラックバック 4 件

コメントをどうぞ