FXはギャンブルか?!

FXはギャンブルか?!昨夜、お風呂に入ってテレビをつけると・・・ちょうど凱旋門賞のレースが始まるところで、「オルフェーヴルかぁ~サンデーサイレンスとメジロマックイーンの血が入ってるんだぁ~」と、旦那様と話してたら、レーススタート
最後の直線で、大外からグングンのびてくるオルフェーヴル。
ソレミアをかわし3馬身くらい放した時には、私も旦那様も「勝った」と拍手をしたのに…
オルフェーヴルが「終わったぁ」と安心したような走りになり、すかさずソレミアが追い上げてきて、「ヤバイ差される逃げて!逃げ切って」思わず叫ぶ私^^;
しかし、残念ながらゴール直前…差された
ぃゃぁ~悔しい
それより…ソレミアに抜かれる瞬間、横目でソレミアを見ていたオルフェーヴルが…なんともせつなそうで悲しそうに見えた その姿に、私たちもせつなくなって…「がんばったね」と、讃えるしかなかった。
競走馬って・・・人間に走らされて・・・かわいそう・・・それがレースを見終わって、心にズッシリのしかかった正直な気持ちでした
ブログ為替レート
「あれMayuhimeって競馬とか興味あるのギャンブルとかしないよね」と思われた方もいると思いますが・・・
競馬、パチンコ、競輪・・・ギャンブルは色々やりました
ラスベガスで寝ずにギャンブルをした事もあります。
ギャンブルが好きか嫌いかといえば・・・好きです^^;
でも、一通り色々試してみて、競馬もパチンコも競輪も…やりません。
FXは投資ではなくギャンブルだという人もいます。
確かに、ギャンブル性をはらんでいると思います。
とは言っても、それは使う人次第のところもあり、いつも例える『包丁』と同じです。
『包丁』は使い方によっては人を殺す道具にもなり、殺人道具ともいえますが、
正しい使い方をすれば、美味しい料理を作るのに欠かせない調理器具となります。
それと同じで、やり方によってはFXは一か八かのギャンブルにもなりますし、時間とお金を稼ぐのに最高に便利な投資アイテムになります。
そろそろ本気でFXを学びませんか?
Mayuhimeイラスト
しかし、あえて「FXはギャンブルだ」という人の意見を取り入れて、それを前提に考えてみると…
競馬・競輪・競艇・パチンコ・パチスロ・麻雀・花札・野球・サッカー・相撲・FX・ルーレット・バカラ
この中で、法律の規制を考えず、勝ち目のある確率のあるギャンブルを…という視点で、私がギャンブルを選ぶとしたら…
麻雀・花札・FX ですねぇ
何が基準かと言うと、主導権が自分にあるか無いかです。
人任せ、運任せのギャンブルは不利だし、負けた時に納得がいかない
FXを仮にギャンブルとするなら、勝ち負けは50%の確率で他のギャンブルに比べて非常に確率がいい
当てずっぽうでも2分の1の確率で勝てるという事です。
しかし、競馬なんて・・・18頭もいる馬の中から当てないといけないんですよぉ~
確率が悪すぎます
私は、競馬が好きか嫌いかと言えば、好きなんです
でも、娯楽と割り切ってするならしますが、お金を儲ける事に徹するならば、競馬ではなく、絶対にFXを選びます。
FXは何も知らないスタート時点で、勝ち負けの分は五分五分
そこから、テクニカルを勉強し、過去のデータを元に考えていけば・・・勝ちの分は6割、7割…と増えていくと思います。
だから、私はFXを選ぶんです(*^^)
でも、何も考えずやればやはり五分五分です。
五分五分でも、他のギャンブルより断然有利とは言っても、やはり五分五分じゃおもしろくない
自分が優位に立てる局面を選んで勝負しましょう
それには、基本の勉強は絶対必要です。
優位な場面を知らなければなりません。
FXで勝つ為の知識・技術がグンとレベルアップする効率のよい勉強手順をまとめていますので、参考にしてください(o^∇^o)ノ
読む順番間違ってませんか?



ツイッターに投稿する



重要注意事項・免責事項
当ブログは自分自身の検証・記録を目的としたものであり、収益の保証、或いは投資助言業務、投資勧誘を行うものではありません。本情報は記事作成日時点で、信頼できると思われるデータや情報に基づいて作成しておりますが、その正確性について保証するものではありません。キャンペーン期間や情報の詳細など、必ずご自身でご確認ください。また、著者の思考、感情、トレードメモや日記なども含んでおります。 EAの検証や、システムの使い勝手を試したり、システムを理解するための練習や、トレードそのものの練習や手法の検証など、デモ環境を使用します。デモ環境につきましては実際のレートと異なる場合がございます。投資方針や時期選択等の最終決定は、リスク等を熟知した上、必ずご指針で検証の上、ご自身で判断されますようお願いいたします。また、当ブログで紹介しております業者につきましては、資本関係、人的関係等一切ありません。従いまして万が一、業者が倒産した場合、もしくは業者を利用し、損失を被った場合でも、一切の責任を負いませんので予めご了承ください。投資に関する最終決定は必ず読者様ご自身の判断でなさいますようお願い致します。



 


コメント / トラックバック 1 件

コメントをどうぞ