FXで勝つ為に…知識・経験+○○

FXで勝つ為に…知識・経験+○○まっち さん♪
>  私も、昨夜同じ下の黄色の所で売りエントリーして、セーフティーオーダーにかかりました。
>  そして、同じく上の黄色の丸印で再度エントリーし、取り返しました!!
マルチタイム移動平均線を引くにはMT4をダウンロードアルパリ
20121012-2.gif
>  最初のエントリーは間違ってたのかなと思いましたが、mayuhimeさんと同じ考えでエントリー出来ていたのかと思うとホッとし、また嬉しかったので、ついついコメントしてしまいました!
>
>  大事なのことは、エントリーが正しいかどうかではなく、エントリーの根拠とその対処なのですね。
>
>  もっと精進して勝てるトレーダーになります♪
>  頑張ります!!
おぉぉ~同じトレードですね!
仰られているように、「エントリーが正しいかどうかではなく、エントリーの根拠とその対処」が大事です。
根拠があり、その根拠が崩れた時、ちゃんと負けを確定することが大事です
それができれば、FXで全てを失うなんて事はありませんから!
正しいかどうかは、結果論でしかありませんし、「正しくやっても4割負ける」それがFXの“勝ち”ですから、負けない事を前提とした正しい手法というものは存在しません
まずは、自分なりに根拠を持ち、その根拠が崩れた時、きれいに撤退。それができれば、正しいやり方と言えるでしょう。
そこから先は、“根拠”の精度を求めて行く事になりますが、それには正解も不正解も存在しないので迷うのですが・・・ある時期には正解のときもありば、ある時期には不正解になるときもある。
その相場のクセを読みとった者勝ちという部分がありますからね^^;
ですから、やはり“根拠”の是非よりも、根拠が崩れた時の対処が最も重要だと思います(*^^)
FXの自動売買に最適の環境
メタトレーダーの運用に最適 お名前.com
サーティラブ♪ さん♪
> mayuhime様
>
> FXブロードネット様の特典である「FXで勝ち残る為のmayuhime流マネーリテラシー」ゲットしました!!
FXで勝ち残るためのMayuhime流マネーリテラシー
> 予想していた以上に刺激的でした!思い当たることがたくさんあり、読んでいて冷や汗が出ました(汗)。本当に相手をもうけさせてあげたいという強い思いがなければ、ここまで書くことはできないと思います。
>
> ボリュームも65ページもあり、これ単独でウン万円の商材として販売されていてもおかしくありません。FXで本気で儲けたいなら絶対に読んでおくべきものです。これから何度も読み返したいと思います。価値ある著作を世の中に出していただき、ありがとうございます。
とても嬉しいです
耳が痛い事もあったでしょ?
でも、そこに書いてあることができないとFXで勝ち残る事はできないんですよ
だから、本気の人にだけ…簡単に手に入らなくても、なんとかして手に入れて、絶対に読む。
そして、絶対に勝ち残る!!という強い意志を持った方だけに、読んで頂きたく、ブログには絶対に書かないと言ったのです。
FXで勝ち残る為のmayuhime流マネーリテラシーの対象は、基本的なテクニカルは身に付けた。経験もそこそこある。
知識・経験共にまぁまぁのはずなのに・・・パッとしない。
収支はトントン、若しくは少し負け越し・・・┐(゚⊇゚)┌...why?
そんな方が対象です。
知識・経験+○○が必要なんです。
その○○を全て書きました。
是非読んでみてください(*^^)
FXトレーディングシステムズ



ツイッターに投稿する



重要注意事項・免責事項
当ブログは自分自身の検証・記録を目的としたものであり、収益の保証、或いは投資助言業務、投資勧誘を行うものではありません。本情報は記事作成日時点で、信頼できると思われるデータや情報に基づいて作成しておりますが、その正確性について保証するものではありません。キャンペーン期間や情報の詳細など、必ずご自身でご確認ください。また、著者の思考、感情、トレードメモや日記なども含んでおります。 EAの検証や、システムの使い勝手を試したり、システムを理解するための練習や、トレードそのものの練習や手法の検証など、デモ環境を使用します。デモ環境につきましては実際のレートと異なる場合がございます。投資方針や時期選択等の最終決定は、リスク等を熟知した上、必ずご指針で検証の上、ご自身で判断されますようお願いいたします。また、当ブログで紹介しております業者につきましては、資本関係、人的関係等一切ありません。従いまして万が一、業者が倒産した場合、もしくは業者を利用し、損失を被った場合でも、一切の責任を負いませんので予めご了承ください。投資に関する最終決定は必ず読者様ご自身の判断でなさいますようお願い致します。



 


コメント / トラックバック 2 件

コメントをどうぞ