早い者勝ち!実質約4倍に増やしてくれたEAプレゼント 先着300名

早い者勝ち!実質約4倍に増やしてくれたEAプレゼント 先着300名こんばんは(*^^)
夏休みももう少しで終わりですねぇ
私の体力ももう少しで尽き果てそうです・・・(⌒▽⌒)アハハ!
今日は・・・スペシャルなプレゼントがあります
3年間で実質約4倍になった自動売買ブログラム早い者勝ち、300名プレゼント
アヴァトレード・ジャパン
最近では自動売買半自動売買で儲けている人が沢山いますが・・・
その反面、同じ様に自動売買をしても、儲からない。裁量もダメ、自動売買もダメどうしてというような事態に陥っている人もいます。
なぜかと言うと、自動売買でも、相場に合った売買プログラムを選ばないといけませんし、絶対に一つの売買プログラムでは勝ち続ける事はできません。
なぜなら、相場には大きく分けても、トレンド相場、レンジ相場があるのですから、レンジ相場の時に勝つ売買プログラムならば、トレンド相場の時は負けるし、逆も同じです。
ならば、最低でも2つの売買プログラムが必要なわけです。
その上、次はボラティリティ(値幅)の問題があります。
同じレンジ相場でも、200pips範囲のレンジ相場の場合もあれば、50pips範囲のレンジ相場もあります。
その時のボラティリティに合わせた売買プログラムを選択しなければなりません。
これらの選択が間違っていれば、勝てません。
裁量トレードでなかなか勝てない人には、自動売買はオススメですが・・・自動売買で勝ったとしても、そのプログラムを停止させるタイミングを知らなければ、せっかく出た利益を放出してしまう事にもなります。
本当に多くの人に相談を受け・・・なんとかならないものか・・・真剣に考え、取り組んできました。
実運用3年かけて・・・ロット数の調整などをしながら、実質約4倍に増やしてくれたEAを・・・今回、FX業者さんの協力にてみなさんに先着300名の方に提供させて頂ける事になりました
アヴァトレード・ジャパンタイアップ
20130824.jpg
こちらのEAは先着300名です。
後から、逃してしまったからなんとか・・・と言われても、どうもできません(>_<) この3年間を振り返ってみてください。 ドル円が50円台まで行くのでは?!というような、誰も経験した事のない過去最高の円高
ギリシャショック
政権が変わって一気に円安
こんな大波乱の相場で・・・あなたは満足に勝てましたか
満足に勝てていれば、これらのEAは必要ありません(*^^)
もし、こんな相場に振り回され、満足できる結果が出ていない方は・・・これらのEAは必ず役に立つでしょう。
なぜなら、こんな荒れ相場で、3年間、しっかり利益を出し続けているのですから
これらのEAは、バックテスト(このEAで売買した場合、どのような結果が得られたか、過去のデーターを使って売買を検証するテスト機能)ができますので、利用する前に本当に儲かったのか?も確かめられますので、それを見てから、デモ環境で走らす事もできますし・・・
使う使わないは、十分、吟味するとして・・・先着300名ですから、とにかく手に入れるだけ手に入れておいてください
「後からなんとかしてくださーい」と言われても何ともできないので・・・(>_<) 私が身銭を切って、ホッタラカシで3年間実運用し、こんな荒れ相場で、しっかり利益を出してくれたEAのプレゼントは・・・どうやっても勝てない人の為です。
安定して勝ててる人は、遠慮して、勝てていない人に譲ってあげてください^^;
アヴァトレード・ジャパン



ツイッターに投稿する



重要注意事項・免責事項
当ブログは自分自身の検証・記録を目的としたものであり、収益の保証、或いは投資助言業務、投資勧誘を行うものではありません。本情報は記事作成日時点で、信頼できると思われるデータや情報に基づいて作成しておりますが、その正確性について保証するものではありません。キャンペーン期間や情報の詳細など、必ずご自身でご確認ください。また、著者の思考、感情、トレードメモや日記なども含んでおります。 EAの検証や、システムの使い勝手を試したり、システムを理解するための練習や、トレードそのものの練習や手法の検証など、デモ環境を使用します。デモ環境につきましては実際のレートと異なる場合がございます。投資方針や時期選択等の最終決定は、リスク等を熟知した上、必ずご指針で検証の上、ご自身で判断されますようお願いいたします。また、当ブログで紹介しております業者につきましては、資本関係、人的関係等一切ありません。従いまして万が一、業者が倒産した場合、もしくは業者を利用し、損失を被った場合でも、一切の責任を負いませんので予めご了承ください。投資に関する最終決定は必ず読者様ご自身の判断でなさいますようお願い致します。



 


コメントをどうぞ