FX Q&A 「自動売買(EA)のロット調整と停止再開のタイミング」

FX Q&A 「自動売買(EA)のロット調整と停止再開のタイミング」まさ さんより♪ 
>  僕もこのキャンペーン申込みました。
> ほんとにありがたかったです。まだ裁量に完全な自信を持っているわけじゃないので、天国から蜘蛛の糸が下りてきたような気分です(笑)
FXCMジャパン           アヴァトレード・ジャパン 
FXCMジャパン証券  アヴァトレード・ジャパン
>
>  さて、EAの運用にあたって一番難しいのは複数のEAを組み合わせてのポートフォリオの組み方と、ロット調整の仕方、停止、再開のタイミングだと思います。
>
>  最初の問題はMayuhimeさんがクリアしてくれたのでとてもありがたいのですが、ロット調整(資金の何割配分するのか)と停止再開のタイミングは、大きな難問だと思うのです。
>
>  何から何まで頼って申し訳ないと思うのですが、このあたりのアドバイスは適時いただけるのでしょうか。そのためにもし必要なら会員制にして会費をお支払いしてもいいですから、そういうアドバイスを頂けると嬉しいです。
>  厚かましいお願いとは思いますが、この件に関してご考慮のほどお願いします。
正に、その通りです負ける時は他のEAが補い、勝つ時は、一斉に勝つこのようなEAの組み合わせを作るのが最大の難点であり、それができたとしたら、次は、ロット数ですね。
そして、通常はEAの稼働のタイミング、停止のタイミングですが・・・こちらは、するに越した事はありませんが、ホッタラカシ(稼働しっぱなし)でいいように、ポートフォリオを組み、ロット調整しました。
EAの一番の魅力は、ホッタラカシ(稼働しっぱなし)にできる所です。
それが、毎日チェックして、状況を確認し、停止するのか稼働するのか・・・?考えなければならないなら、裁量トレードとあまり変わりません。
自動売買と言うのは、『お金を稼ぐ』事はEAに任せ、その事で『時間を稼ぐ』事ができるのが何にも代えがたい魅力なのですから
お金の稼ぎ方は、いくらでもありますが、1日24時間を36時間にする事は誰もできませんから、『時間を稼ぐ』事の方が貴重なのです。
しかし、働いてお金を稼ぐ事に費やしている8時間を自動化してしまえば・・・実質1日36時間にする事は可能でしょ
だから私はお金を稼ぐことの自動化を目指して、EAの検証をし続けてきました。
その結果、3年間、ホッタラカシで資金を実質4倍にまで増やしてくれた組み合わせと取引量を見つけ出し、『お金を稼ぐ事の自動化』と『時間を稼ぐ事』を同時に手に入れる事ができたのです。
ですから、稼働・停止については、やれはもっと良いパフォーマンスは得られるかもしれませんが、そこを追求するならば、そこは裁量トレードでやると割り切り、EAはホッタラカシに徹底的にこだわっています。
どの通貨ペアのどの時間足に設定するのか
どのEAにいくらの取引数で設定しているかという事は、EA配布の際にそのEAの特徴など詳しく書いたものと一緒にお教えいたします
このポートフォリオは、5つのEAを同時に稼働させることで、負ける時は他のEAが補い、勝つ時は、一斉に勝つというパフォーマンスを今のところ実現できていますが、その為にはある程度の証拠金も必要です。
証拠金の推奨については、正直、多ければ多い方が良いというのが本音です。
が・・・そうは言っても目安がありますので、EAを配布させて頂く時に、アドバイスさせていただきますd(´∀`*)ねっ!
FXCMジャパン証券
アヴァトレード・ジャパン



ツイッターに投稿する



重要注意事項・免責事項
当ブログは自分自身の検証・記録を目的としたものであり、収益の保証、或いは投資助言業務、投資勧誘を行うものではありません。本情報は記事作成日時点で、信頼できると思われるデータや情報に基づいて作成しておりますが、その正確性について保証するものではありません。キャンペーン期間や情報の詳細など、必ずご自身でご確認ください。また、著者の思考、感情、トレードメモや日記なども含んでおります。 EAの検証や、システムの使い勝手を試したり、システムを理解するための練習や、トレードそのものの練習や手法の検証など、デモ環境を使用します。デモ環境につきましては実際のレートと異なる場合がございます。投資方針や時期選択等の最終決定は、リスク等を熟知した上、必ずご指針で検証の上、ご自身で判断されますようお願いいたします。また、当ブログで紹介しております業者につきましては、資本関係、人的関係等一切ありません。従いまして万が一、業者が倒産した場合、もしくは業者を利用し、損失を被った場合でも、一切の責任を負いませんので予めご了承ください。投資に関する最終決定は必ず読者様ご自身の判断でなさいますようお願い致します。



 


コメント / トラックバック 4 件

コメントをどうぞ