来週の相場分析!要注意レート&トレードシナリオ具体的に教えます(o^∇^o)ノ

来週の相場分析!要注意レート&トレードシナリオ具体的に教えます(o^∇^o)ノ▽・ェ・▽ノ””コンバンワン♪ 来週の相場分析~(クリックで拡大)
20150307-2.gif
ポイントになるラインを引いているので、これらのラインは要注意です
要注意というのは、具体的に言うと、
このラインに近づいてきたら、含み益が出ている人は一旦利確する
含み損が出ている人は、このラインを超えたらセーフティーオーダー(マイナス)
Eの175.7辺りで底打ちし、Bラインまで上昇したところでトリプルボトム完成
今まではトリプルボトム完成を目指してたから分かりやすいとして、さて、ココからはどうなるのか
初心者の人や、トレードが上手くいかないと思っている人が勘違いしているのは・・・
テクニカル分析と経験を積んだら・・・どうなるか分かると思っている事。
どんなに分析しても、どんなに経験しても、どうなるかなんて分からないんです。
そういうと「だったら分析しても意味がない」と、また勘違いするのですが・・・
抵抗があるラインや、複数のシナリオは、ある程度分かるようになります。
しかし、そのどれになるのか ということは、いつまで経っても誰にも分かりません。
だから、抵抗があるところに線を引いて、過去の値動きから、優位性のあるパターンを複数導き出し、あらかじめ想定してるどのパターンになるのか・・・を見るのです。
あらかじめいくつかのパターンを想定していれば、「あっ、このパターンになったのね」とハッキリと分かったところでついて行けばいいのです。
この「ついて行けばいい」がとても重要です
私も負ける時は、複数の分析の中から、『この確率が高い!こうなるパターンを選ぶ』と、決めてしまった時です。
何が違うかというと、
決める→ 賭け
ついて行く→ 見て分かってから
そりゃ、賭けの方が不利だぁ って事なんです(*^^)
って事で、いくつかのシナリオを紹介しておきましょう
Bラインに近づいた辺りで売る Cラインに近づく前に利確
Cラインを下抜けたら、Cラインに戻ってきたところで売る Dラインに近づく前に利確
Dラインを下抜けたら、Dラインに戻ってきたところで売る Eラインに近づく前に利確
Cラインで買い Bラインに近づく前に利確
Dラインで買い Cラインに近づく前に利確
Eラインで買い Dラインに近づく前に利確
Bラインを上抜けたら、Bラインに戻ってきたところで買う Aラインに近づく前に利確
などなど・・・シナリオは沢山あります。もっともっとあります。
ただ、1つ言えるのは、これらのラインを知っているのと知らないのとでは大違いです。
要は、最初に言った「これらのラインは要注意」このラインに注意しておけば大きなケガは無いはずです
しっかり基本を学び腕を磨けば・・・FXは一生の宝になるかもd(´∀`*)ねっ!
まだ、Mayuhimeの【FXミリオンサイン】をもらっていない方はこちらからプレゼントの申し込みをしてくださいd(´∀`*)ねっ!
みんなのシストレ
【FXミリオンサイン】は、サインが出るまでパソコンに張り付いている必要なく、携帯・スマホにメールでお知らせする事もできます 

仕事、家事、子育て、趣味、遊びに忙しく、
チャートを見る時間が限られている人に最適!!

チャートを見る時間が無い人に最適

初心者でも誰でも超簡単Mayuhimeの
FX millionサイン(FXミリオンサイン)】を
あなたの携帯・スマホにお届け

      
FX_MMミリオン
更に 更に
誰でもこの本一冊でFXを始められる世界一親切なメタトレーダー4マニュアルプレゼント
世界一親切なメタトレーダー4マニュアル166世界一親切なメタトレーダー4マニュアル166世界一親切なメタトレーダー4マニュアル166



ツイッターに投稿する



重要注意事項・免責事項
当ブログは自分自身の検証・記録を目的としたものであり、収益の保証、或いは投資助言業務、投資勧誘を行うものではありません。本情報は記事作成日時点で、信頼できると思われるデータや情報に基づいて作成しておりますが、その正確性について保証するものではありません。キャンペーン期間や情報の詳細など、必ずご自身でご確認ください。また、著者の思考、感情、トレードメモや日記なども含んでおります。 EAの検証や、システムの使い勝手を試したり、システムを理解するための練習や、トレードそのものの練習や手法の検証など、デモ環境を使用します。デモ環境につきましては実際のレートと異なる場合がございます。投資方針や時期選択等の最終決定は、リスク等を熟知した上、必ずご指針で検証の上、ご自身で判断されますようお願いいたします。また、当ブログで紹介しております業者につきましては、資本関係、人的関係等一切ありません。従いまして万が一、業者が倒産した場合、もしくは業者を利用し、損失を被った場合でも、一切の責任を負いませんので予めご了承ください。投資に関する最終決定は必ず読者様ご自身の判断でなさいますようお願い致します。



 


コメントをどうぞ