FXで負ける人の多くはトレンドの変わり目が分からないから

FXで負ける人の多くはトレンドの変わり目が分からないから今日は東京から長男が帰ってきまして、広島で一人暮らしをしている次男も帰ってきまして、一足早いお盆のようでした
himeは久しぶりに会う兄たちにテンションMAX
まぁ夏休みだし、今日は夜更かししてもいいか
朝まで遊べるものなら遊んでみろぉ~って勢いでワイワイやってたら、やっぱり寝ちゃった(^ー^* )フフ♪

 

■今日のFXトレード結果

 

今日のトレードは、スキャルを3回のみ【びっくり】
+10,150円【お金】どうしてスキャルにしたかと言うと・・・
IMG_4422

 

■FX手法 デイトレ・スキャルの選択には理由がある!

 

デイトレがいいか? スキャルがいいか? それは好き嫌いもありますが、一番良いのは、相場によって切り替えるのが本来は一番いいのです。
利が伸ばしやすい時はデイトレ。利が伸ばしにくい時や相場がどう動くか分かりにくい時などはスキャルでリスクを抑える。など、自分が好きとか嫌いという自分の都合ではなく、相場の動きに合わせて手法を選択できるのが効率的です。

FX分析ソフトオートコンピュテーションシステムを見てください【矢印下】
FX分析ソフトオートコンピュテーションシステム_DMM

 

 

強気度が星1つ★になっています。
強気度が星2つ以上★★か★★★になっている場合、今までの検証結果から、1日単位のデイトレが有効的ですが、星1つ★の時は、トレンドの変わり目を示唆しているので、1日単位のデイトレで挑むと、負ける可能性が高まってきているという事です。ですから、今までの検証結果から、星1つ★の時は要注意。スキャルで美味しいところだけチョコッと頂くという作戦をオススメします。

 

上のFX分析ソフトオートコンピュテーションシステム優勢トレンドの列を見てください。
下降トレンドが数日続き(青枠)、レンジに入り(黄枠)、上昇トレンド(赤枠)になっています。
この青から黄色に変わる時、黄色から赤に変わる時、この時が一番負けやすい時です。
FXで上手く利益を積み上げられない人の多くは、このトレンドの変わり目で負けるのです。
トレンドが出ているときは、「売っていれば勝てる」「買っていれば勝てる」という状態になります。
ですから、上昇トレンドの時は、下がったら買い【びっくり】下がったら買い【びっくり】と下がったらチャンス【びっくり】と買い続けます。
下降トレンドの時は、その逆ですね。
そうすると、どうなるかと言うと・・・何度もその方法で勝っているので、「下がったらチャンス【びっくり】買い時【びっくり】」という意識が定着します。

しかし、トレンドは必ずどこかで変わります。それに気づかないと・・・チャンス【びっくり】と買うと・・・どんどん下がった。でも、更に下がった時に、またまたチャンス【びっくり】と更に買いポジションを持ったりして、損が拡大し、今までの利益の大半を失ったり、それ以上を失ったりするのです。

 

■相場のトレンドの変わり目をいち早く知る事が負けないコツ

 

それは、トレンドの変わり目に気づかない、分からないからです。
逆に言うと、トレンドの変わり目にいち早く気付けば・・・
トレンドの変わり目が一目で分かれば・・・
そう【星】今までの利益を吐き出すような負けを取らなくて済むという事【びっくり】

FX分析ソフトオートコンピュテーションシステムの【強気サイン】の★の数は、トレンドの変わり目を一目で分かりやすく表示しています。
せっかくトレンドに乗って得た利益を吐き出す事が無いように、毎日、確認してから取引してくださいね【星】

FX分析ソフトオートコンピュテーションシステムは、【矢印下】こちら【矢印下】でプレゼントしています【プレゼント】
DMM×Mayuhimeタイアップオートコンピュテーションシステム

 

 

タグ: , , , , ,



ツイッターに投稿する



重要注意事項・免責事項
当ブログは自分自身の検証・記録を目的としたものであり、収益の保証、或いは投資助言業務、投資勧誘を行うものではありません。本情報は記事作成日時点で、信頼できると思われるデータや情報に基づいて作成しておりますが、その正確性について保証するものではありません。キャンペーン期間や情報の詳細など、必ずご自身でご確認ください。また、著者の思考、感情、トレードメモや日記なども含んでおります。 EAの検証や、システムの使い勝手を試したり、システムを理解するための練習や、トレードそのものの練習や手法の検証など、デモ環境を使用します。デモ環境につきましては実際のレートと異なる場合がございます。投資方針や時期選択等の最終決定は、リスク等を熟知した上、必ずご指針で検証の上、ご自身で判断されますようお願いいたします。また、当ブログで紹介しております業者につきましては、資本関係、人的関係等一切ありません。従いまして万が一、業者が倒産した場合、もしくは業者を利用し、損失を被った場合でも、一切の責任を負いませんので予めご了承ください。投資に関する最終決定は必ず読者様ご自身の判断でなさいますようお願い致します。



 


コメントをどうぞ