短期的なトレンドの転換ポイントの見分け方2

短期的なトレンドの転換ポイントの見分け方211/8日売りエントリーして寝た時の、
2008-11-08 01:50
ポンド円 3ロット
新規 154.56
ですが、どうして上昇中で今までは下がったところで「買い」を仕掛けていたのに、今回に限り「売り」でエントリーできたのか?
トレンドの転換をどうやって見極めたのか?
という問い合わせを沢山いただきましたので、その時私が思った事をそのまま書きますね。
まず、その日の朝、
「1時間足のボリンジャーバンドのミドルまで戻るのが154.00。
ミドルを超えた場合、75本線まで戻るのが156.00。
そして、4時間足を補助的に見てやはり75本線とボリンジャーバンドのミドルバンドにぶつかるのが156.00辺り。 4時間足で見るとボリンのミドルと75本線のダブル抵抗線で、156.00を超えるのはかなりのエネルギーが必要そう。」
と自分なりに分析しました。
夜中に156円をちょっと超えた所で、反落していきました。
一見、これまでのパターンと同じで、高値を更新して75本線に戻ってきたので、売りサインはスルーして買いサインを待って買いエントリーと思いがちですが…
1分足で、MT4時間 11/7 16:17分の買いサインが出ましたが、RSIが赤いラインより下にもかかわらず、サイン点灯後勢いを失って、下がっていきました。
そして、直近の安値16:09分を切り下げていきました。
ここで、「あれ? トレンドが転換した?」 と思いました。
そして、それを確認するために、様子をみていると、
MT4時間、16:37分~16:49分のローソク足が75本線で頭を抑えられているのを見て、売りエントリーしました。
また、短期的なトレンドの転換ポイントの見分け方1でも言いましたが、パターンの違いです。
MT4時間 11/7 15:52分の売りサイン以前の、近くの売りサインの時のRSIを見てください。
どれもRSIが下まで到達しないうちに、また上昇いていますよね?
これは買いが強いという事です。
それが、15:52分の売りサインは下まで到達しました。
そして、下まで到達した後の買いサインなので、今までとパターンが同じなら、今までよりももっと凄い勢いで、伸びていくはずなんです。
それが、RSIが上に向く前に売りサインに変わりました。
更に、それらを踏まえて、156円のダブル抵抗線を、週末の手仕舞いムードの中で、皆が積極的に買い参入してあの時間から超えるエネルギーがあるか?
これらの根拠から、NYクローズまでの上値はもうそんなにないなと思いました。
(月曜日はわかりませんよ~あくまでもNYクローズまでにはもうそんな勢いはないだろうという事です)
※これらは世間一般に言われているテクニカル分析とは一致しないかもしれません。
私はテクニカル分析などはあまり詳しくなく、ほとんど知りません。
あくまでも自分がチャートを見続けてきて得た感覚ですので、一般的に言われているテクニカル分析と違っていても、その点、ご了承くださいね。
超高勝率 FXトレード エントリーポイント自動指摘ツール FXエントリー
いつも応援ありがとうございます→



ツイッターに投稿する



重要注意事項・免責事項
当ブログは自分自身の検証・記録を目的としたものであり、収益の保証、或いは投資助言業務、投資勧誘を行うものではありません。本情報は記事作成日時点で、信頼できると思われるデータや情報に基づいて作成しておりますが、その正確性について保証するものではありません。キャンペーン期間や情報の詳細など、必ずご自身でご確認ください。また、著者の思考、感情、トレードメモや日記なども含んでおります。 EAの検証や、システムの使い勝手を試したり、システムを理解するための練習や、トレードそのものの練習や手法の検証など、デモ環境を使用します。デモ環境につきましては実際のレートと異なる場合がございます。投資方針や時期選択等の最終決定は、リスク等を熟知した上、必ずご指針で検証の上、ご自身で判断されますようお願いいたします。また、当ブログで紹介しております業者につきましては、資本関係、人的関係等一切ありません。従いまして万が一、業者が倒産した場合、もしくは業者を利用し、損失を被った場合でも、一切の責任を負いませんので予めご了承ください。投資に関する最終決定は必ず読者様ご自身の判断でなさいますようお願い致します。



 


コメント / トラックバック 5 件

コメントをどうぞ