シナリオを立てるとは

シナリオを立てるとは今朝の私の中でのシナリオは…
今日も昨日と同じく、1時間足は上昇トレンド。
今は、ちょうど戻し中で、ボリンジャーバンドのミドルで押し目買いか?!
と、押し目を待っていたのですが、ボリンジャーバンドのミドルを下抜けけたので、次のサポートまで売り、次のサポートまできたら利確+買いエントリーという鮮やかな(?)Myシナリオを立てました。
シナリオは儚く敗れました。
「自分なりのシナリオを描きなさい」とよく本などにも書かれてあり、よく耳にしましたが、負け負けトレードをしている時は、「その本当の意味」が分かっていなかったと思います。
「そんなシナリオが描ければ負けないよぉ~ 分かんないから負けるんじゃん…」
と言っていました。
そうじゃないんですね!
必ず勝つシナリオを描こうとするから描けないんです。
必ず勝つシナリオを描かなくていいんです。だって、そんなものは無いから…
じゃあなぜ、何のために、勝っている人がシナリオを描け描けというのでしょう?
シナリオを描いてトレードすると、どこでエントリーしてしてどこでリミットをするという勝つシナリオだけでなく、そのシナリオが崩れた時に、潔く降りる事ができるのです!
勝つシナリオを描く事より、そのほうが大切というか、その為にシナリオを描くのではないかと、気づきました。
だって、負け負けトレードをしている時を振り返ると…
逆に向いているのに、どこで損切りしていいか分からない。
戻してきたら、あわよくばプラスになるかも?
色々考えてしまって結局、どうする事もできなくてロスカットまでズルズル…
たまに、損切らなくて結局プラスになったという事があり、それが忘れられず、損切りできない…
シナリオを描くという事は、そのシナリオ通り行かなかったら、すぐに降りるため。
降りる所を明確にするため。
負ける理由の大半は、損切りをどこでしたらいいか分からない。だから、損切りできないという所にあります。
ですから、その損切りを明確にする事により、負けないようになるのです。
損切り=負け ではないんです。
損切りできない=負け だと私は思います。
シナリオを描くいうのは、チャートの動きを当てる(予測する)事に最大の目的があるのではなく、シナリオが崩れた時に、大きな大きなマーケットの中で迷子にならないため、潔く諦める、諦める場所を明確する事に最大の目的があると私は思います。
なので、シナリオを立てた後、マーケットが全然違う動きをしても、悩む事はないんです。
自分はダメだと落ち込む事はないんです。
シナリオが崩れた為に、潔く損切りができれば、そのシナリオはきっと最大の目的を果たしています(*^-^)ニコ
超高勝率 FXトレード エントリーポイント自動指摘ツール FXエントリー
いつも応援ありがとうございます→



ツイッターに投稿する



重要注意事項・免責事項
当ブログは自分自身の検証・記録を目的としたものであり、収益の保証、或いは投資助言業務、投資勧誘を行うものではありません。本情報は記事作成日時点で、信頼できると思われるデータや情報に基づいて作成しておりますが、その正確性について保証するものではありません。キャンペーン期間や情報の詳細など、必ずご自身でご確認ください。また、著者の思考、感情、トレードメモや日記なども含んでおります。 EAの検証や、システムの使い勝手を試したり、システムを理解するための練習や、トレードそのものの練習や手法の検証など、デモ環境を使用します。デモ環境につきましては実際のレートと異なる場合がございます。投資方針や時期選択等の最終決定は、リスク等を熟知した上、必ずご指針で検証の上、ご自身で判断されますようお願いいたします。また、当ブログで紹介しております業者につきましては、資本関係、人的関係等一切ありません。従いまして万が一、業者が倒産した場合、もしくは業者を利用し、損失を被った場合でも、一切の責任を負いませんので予めご了承ください。投資に関する最終決定は必ず読者様ご自身の判断でなさいますようお願い致します。



 


コメント / トラックバック 16 件

コメントをどうぞ