スキャル用テンプレートのダウンロードの仕方

スキャル用テンプレートのダウンロードの仕方Mayuhimeオリジナルスキャル用テンプレートダウンロードが可能になりました。
そこで、「スキャルピングテンプレートの説明書を送ってぐださい。」と問い合わせが着ていました。
説明書はダウンロードしていただいたデータの中に入っています。
ダウンロードの仕方を説明しますね(*^^)
セブンインベスターズさんからメールで送られてきたダウンロードURL(こちら)を開きます。
ダウンロード手順1.gif
次のような画面が開くので、セブンインベスターズさんから届いたメールの中に記載してある、IDとPASSを入力してください。
ダウンロード手順2.gif
保存を選択します。
ダウンロード手順3.gif
保存場所を指定します。保存場所は自分の分りやすい所で結構です。
例:デスクトップに保存する場合のように、「保存する場所」をデスクトップにして、【保存】ボタンを押します。
ダウンロード手順4.gif
ダウンロードが完了したら【閉じる】をクリックします。
ダウンロード手順5.gif
保存したフォルダを開きます。(ここではデスクトップに保存したので、デスクトップを開きます)
ダウンロードした「mayuhime_template.zip」は圧縮ファイルですので、右クリックして、解凍します。
ダウンロード手順6.gif
同じフォルダ内に「Mayuhimeオリジナルセッティングテンプレート」というフォルダが現れます。
ダウンロード手順7.gif
このフォルダをダブルクリックすると、4つのファイルがありますので、その中の「Mayuhimeオリジナルセッティングスキャル用テンプレート.pdf」を開き、設定手順に沿って設定してください。
ダウンロード手順9.gif
そろそろ本気でFXを学びませんか? FXエントリー&FXアカデミー
FC2BlogRanking_himeブログ為替レート
昨日からほとんどPCの前に居ませんが、出掛けて帰ってきた時にちょこっと、ご飯の支度の間にちょこっと…と数秒、数分のスキャルをメインにしています。
1回、1回の利益はビビたるものですが、現時点で、+56,200円
出たり入ったりで、帰ってもhimeの遊び相手で、ほとんどPCの前に座ることなく、お小遣い稼ぎができれば主婦の私には十分です
スキャルはそれに費やす時間に対しての効果(収益)が高いので、ここのところの忙しい私には魅力的な手法です
スキャルは、1回1回の利益を見ると、「はぁ~?たったこれだけぇ~?しょぉ~もなぁ~」と思ってしまう人が多いですが…
よく考えてみてください。本当にそれがしょーもない、ビビたるものなのか…。
そのマインドの切り替えが、あなたの頭の中でできれば…突然スキャルが簡単に思える瞬間に出逢えるかもしれませんよ
IMG_2961.jpg
IMG_2962.jpg
ポンド円スプレッド(固定)業界最狭トップ2業者
ポンド円スプレッド固定1.5pips詳しくはこちら
こちらからなら、「新版 魔術師たちの心理学-トレードで生計を立てる秘訣と心構え」をプレゼント
トレイダーズ証券【TRADERS FX】業界屈指の取引環境!
トレイダーズ証券【TRADERS FX】業界屈指の取引環境!
ポンド円はスプレッド現在1.7pips固定(24時間)のMJさんで!
[MJ]すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
Mayuhimeオリジナルセッティングスキャル用テンプレートプレゼント



ツイッターに投稿する



重要注意事項・免責事項
当ブログは自分自身の検証・記録を目的としたものであり、収益の保証、或いは投資助言業務、投資勧誘を行うものではありません。本情報は記事作成日時点で、信頼できると思われるデータや情報に基づいて作成しておりますが、その正確性について保証するものではありません。キャンペーン期間や情報の詳細など、必ずご自身でご確認ください。また、著者の思考、感情、トレードメモや日記なども含んでおります。 EAの検証や、システムの使い勝手を試したり、システムを理解するための練習や、トレードそのものの練習や手法の検証など、デモ環境を使用します。デモ環境につきましては実際のレートと異なる場合がございます。投資方針や時期選択等の最終決定は、リスク等を熟知した上、必ずご指針で検証の上、ご自身で判断されますようお願いいたします。また、当ブログで紹介しております業者につきましては、資本関係、人的関係等一切ありません。従いまして万が一、業者が倒産した場合、もしくは業者を利用し、損失を被った場合でも、一切の責任を負いませんので予めご了承ください。投資に関する最終決定は必ず読者様ご自身の判断でなさいますようお願い致します。



 


コメント / トラックバック 20 件

コメントをどうぞ