負けないトレード方法

負けないトレード方法メールやコメントを読ませてもらって感じたのですが、損切りとドテンが苦手で、一回の損切りで今までの勝ちを吹き飛ばしてしまう方も多いようです。
損切りは大切です。
FXエントリーのHPでの実績でも最大ドローダウンは154pipとなっているので、最大でもその辺りでストップは入れておかないといけないと思います。
マニュアルでは70~100pipが推奨のストップとなっていますね。
そして、次に多いのが利益確定をどこですればいいか分からない。という方です。
せっかく+100pipの含益きが出ていたのに、欲張っていたら、あっという間に+50pipになって、気づいたときには+15pipで薄利決済してしまった…というパターンです。
そのような方の為に、ひとつ方法を提案します!
私が実践している内容は、FXエントリーを何ヶ月も毎日見てきてやっとできるようになった、言わば“応用編”です。
いきなり、それをしようとしても難しいのではないか?と思いました。
それより、まずは確実に利益確定をしていく方法を考えてみました。
FXエントリー200の強サインでエントリーします。

半分を+50pipでリミットを入れます。
半分を+100pipでリミットをいれます。
(いつも1万通貨で取引している人は、5000通貨と5000通貨に分けます。)

ストップは-150pipに一応おいて置いて、もし抵抗線を超えて逆に振ったら、ストップにかかるのを待たずに損切り。
前に紹介させて頂いた様に、FXエントリー200の強のサインなら、+50pipならほぼリミットにかかるという結果が出ています。
更に、精度を高めようと思えば、トレドと同方向のFXエントリー200のサインに限定すると更に勝率がよくなります。
しかし、+50pipじゃもったいない!と思うんですよね?
その後の伸びも取りたいけど、欲を出すと一気に反転してしまい+50pipも確保できないことがあるという感じでしょうか?
ですから、半分は+50pipでリミット入れて、もう半分は+100pipにすれば、両方かかれば+150pipですよね!
それならば精神的にも楽だと思います。
半分は利益を確定していますからね。
また、機械的にすることであまり悩まずに利益を確定していくことができると思います。
また、指値でリミットを入れておくと、一瞬の跳ねでリミットにかかる事がよくあります。
成り行きではなかなかできないヒゲ決済もできやすいです。
しかしその反面、利益幅は固定されるので、300pipも伸びたのに・・・という事があっても、そこは割り切って気にしないことです。
よろしければ、まずはデモトレードでお試しください♪
ポチッとクリック協力お願いします→



ツイッターに投稿する



重要注意事項・免責事項
当ブログは自分自身の検証・記録を目的としたものであり、収益の保証、或いは投資助言業務、投資勧誘を行うものではありません。本情報は記事作成日時点で、信頼できると思われるデータや情報に基づいて作成しておりますが、その正確性について保証するものではありません。キャンペーン期間や情報の詳細など、必ずご自身でご確認ください。また、著者の思考、感情、トレードメモや日記なども含んでおります。 EAの検証や、システムの使い勝手を試したり、システムを理解するための練習や、トレードそのものの練習や手法の検証など、デモ環境を使用します。デモ環境につきましては実際のレートと異なる場合がございます。投資方針や時期選択等の最終決定は、リスク等を熟知した上、必ずご指針で検証の上、ご自身で判断されますようお願いいたします。また、当ブログで紹介しております業者につきましては、資本関係、人的関係等一切ありません。従いまして万が一、業者が倒産した場合、もしくは業者を利用し、損失を被った場合でも、一切の責任を負いませんので予めご了承ください。投資に関する最終決定は必ず読者様ご自身の判断でなさいますようお願い致します。



 


コメント / トラックバック 7 件

コメントをどうぞ