業者によるレートの違い

業者によるレートの違い問い合わせのメールを頂きました。
初心者の方は知らない方も多いのではないかと思い、こちらでお返事させて頂きますね。
●FX新米のヒデさんより
「くりっく365」のe-profit FXを使用していますが、mayuhimeのエントリー・エクジット時の数値が私のチャートにないか もしくはズレがあります。」
FXは株とは違い、相対取引です。
相対取引とは、FX会社と私たち購買者の、1対1の取引関係のことをいいます。
決められた一律の為替レートはなく、お互いの合意によって取引が進んでいきます。
相対取引の定義としては、「取引を行う人同士が1対1の関係で通貨、数量、価格を決め、売買を成立させる取引」とされています。
株式投資では、証券取引所があり、すべての人が決まったレートで取引が行われますが、外国為替取引においては、FX業者によってレートが異なってきます。
ですから、FXエントリーで使っているODLのレートとも当然違ってきます。
急な動きのある時などは、FX業者によってはレートが全然違いますよ^^;
私はデスクトップに向かって取引している時は、2台のPCを横に並べているので、一つは複数のFX業者の口座を開いておき、レートを表示させて、FXエントリーのサインが出たら、その時一番有利なレートを提示している業者でエントリーしたりもします。
よく比較して取引すれば、大きなメリットになりますよ!
Mayuhimeが使っている業者→こちら
いつも応援ありがとうございます→



ツイッターに投稿する



重要注意事項・免責事項
当ブログは自分自身の検証・記録を目的としたものであり、収益の保証、或いは投資助言業務、投資勧誘を行うものではありません。本情報は記事作成日時点で、信頼できると思われるデータや情報に基づいて作成しておりますが、その正確性について保証するものではありません。キャンペーン期間や情報の詳細など、必ずご自身でご確認ください。また、著者の思考、感情、トレードメモや日記なども含んでおります。 EAの検証や、システムの使い勝手を試したり、システムを理解するための練習や、トレードそのものの練習や手法の検証など、デモ環境を使用します。デモ環境につきましては実際のレートと異なる場合がございます。投資方針や時期選択等の最終決定は、リスク等を熟知した上、必ずご指針で検証の上、ご自身で判断されますようお願いいたします。また、当ブログで紹介しております業者につきましては、資本関係、人的関係等一切ありません。従いまして万が一、業者が倒産した場合、もしくは業者を利用し、損失を被った場合でも、一切の責任を負いませんので予めご了承ください。投資に関する最終決定は必ず読者様ご自身の判断でなさいますようお願い致します。



 


コメント / トラックバック 16 件

コメントをどうぞ