今は短時間売買で

今は短時間売買で最悪です・・・用事をしながらですが、合間を見て1時間くらいかかって書いた記事が・・・消えた・・・_( ̄|○
┐(゚⊇゚)┌…why?
書き直しますが・・・(;´ρ`)チカレタヨ・・・
全部かけないかも・・・・゚・(ノД`)・゚・。
今、難しい状態ですね。
15分足で見るとよく分りますが、上昇フラッグにもなりそうですし、このまま下降トレンドにもなりそうです。
どっちに行ってもおかしくない状態です。
言い換えると、よく分らない状態という事です。
12月ですし、今夜は雇用統計もありますから、こういう時は、「やらない」かやっても短時間売買ですね!
20091204-2.gif
+32,650円jumee☆faceA142ポンド円はスプレッド1.8pips固定のMJさんで!
20091204-1.gif
よく分らないのに短時間売買ならできるというのはどういう事でしょうか?
それは、2時間先の事は予測し難いチャートだが、5分先、10分先の予測なら比較的し易いという事です。
私が短時間売買をする時によく使うのが、レジスタンスとサポートになっている(なりそうな)移動平均線の間でトレードする方法です。
さっきの例で言うと、黄色の矢印の間です。(ポンド円5分足↓クリックで拡大)
しかし、黄色の間をめいっぱい狙いません。
なぜなら、いつまでもこの間にローソク足が停滞しているわけではなく、幅が狭くなり必ずどちらかに抜けていきます。
ですから、できるだけ上下に引き付けて、20pips以内でサッサと利確です。
スキャルの基本はローリスクローリターン、小さな利益をコツコツです。
移動平均線の跳ね返りのお奨めは、1回目のトライです。2回目、3回目になると抜ける確率が徐々に高くなっていきます。
20091204-3.gif
超高勝率 FXトレード エントリーポイント自動指摘ツール FXエントリー
人気ブログランキングへブログ為替レート
FC2BlogRanking_hime



ツイッターに投稿する



重要注意事項・免責事項
当ブログは自分自身の検証・記録を目的としたものであり、収益の保証、或いは投資助言業務、投資勧誘を行うものではありません。本情報は記事作成日時点で、信頼できると思われるデータや情報に基づいて作成しておりますが、その正確性について保証するものではありません。キャンペーン期間や情報の詳細など、必ずご自身でご確認ください。また、著者の思考、感情、トレードメモや日記なども含んでおります。 EAの検証や、システムの使い勝手を試したり、システムを理解するための練習や、トレードそのものの練習や手法の検証など、デモ環境を使用します。デモ環境につきましては実際のレートと異なる場合がございます。投資方針や時期選択等の最終決定は、リスク等を熟知した上、必ずご指針で検証の上、ご自身で判断されますようお願いいたします。また、当ブログで紹介しております業者につきましては、資本関係、人的関係等一切ありません。従いまして万が一、業者が倒産した場合、もしくは業者を利用し、損失を被った場合でも、一切の責任を負いませんので予めご了承ください。投資に関する最終決定は必ず読者様ご自身の判断でなさいますようお願い致します。



 


コメント / トラックバック 6 件

コメントをどうぞ